2004年09月29日

レビヤタン

蛇だったり鯨だったり鰐だったり食料だったり…。

【レビヤタン(リヴァイアサン、レヴィアタン)】
◆出典◆
旧約聖書、『ヨブ記』3:8、41:1、『詩編』74:14、104:26、『イザヤ書』27:1など。
◆性格◆
大海獣、創造神に対する反抗者
◆容姿◆
硬い鱗に被われた巨大な蛇(龍)。鯨と鰐の中間のようなものとも。とてつもなく巨大。
◆解説◆
語源は不明だが「裂く」「曲げる」の意があるとされ、「とぐろを巻いた蛇」と呼ばれる。大地をぐるりと取り囲むことができる程大きい。
神は創造の5日目に、海の王としてレビヤタンの夫婦をつくり出したが、海が溢れることを懸念して片方を殺す。
また、メシアは世の終わりにレビヤタンを捕らえ、ベヒモスともども信仰篤い人々の貯蔵用食料として分かち与えるという。
◆補足◆
コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では地獄の海軍大提督とされる。
posted by わーむうっど at 22:25| Comment(0) | 幻獣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。