2004年09月28日

シン

今日は仲秋の名月…のはずが、曇天で消沈。ともかくも、当廃園は満月スペシャルです。今回はシュメールの月神シンを紹介。

【シン(別名:ナンナ)】
◆出自◆
シュメール神話。ウルとハランを中心に崇拝。
◆性格◆
月神。叡智ある神。邪な者達の敵。暦を司る神。
◆容姿◆
青鬚を生やした老人として描かれる。三日月型の船に乗る。
◆解説◆
神々の王エンリルが穀物の女神ニンリルを強姦して生ませた神。冥界で誕生した。
シンは「天の輝ける舟」と呼ばれ、夕方になると三日月型の舟に乗り夜空を渡る。
三日月を武器とし、満月を王冠とする。邪な者達の悪事を、その光によって暴くとされている。
偉大な女神ニンガルとの間に太陽神シャマシュ、金星の神イナンナ(イシュタル)、火神ヌスクをもうける。
posted by わーむうっど at 21:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。