2004年08月30日

バステト

猫好きの神かも。

【バステト】
◆出自◆
エジプト、ブバスティスの地方神
◆性格◆
元来はライオンの頭を持ち、ファラオを守る戦神だったが、第12王朝頃から猫の女神として、愛情と多産を司るようになる。後に、同じ愛の神ハトホルとも習合し、音楽の神としての側面をも付与される。また新王国時代には、ラーの敵で暗闇の化身であるアポピスという蛇と戦い、ラーの航海を助ける役割を持つようになる。
◆容姿◆
頭が雌猫(或いは雌ライオン)で、体が人間。長い縞と小さな袖のついた異国風の服を着、首には幅広の首飾りを巻いている。手にはシストルム(ガラガラのような楽器)とアイギスという盾を持ち、左腕には籠を下げている。
◆解説◆
バステトの名は「ブバスティスの女主人」の意。
最初に猫を家畜としたのは古代エジプト人で、ネズミを駆除するために山猫を飼いならしたのが始まり。しかし、人々は次第に猫の魅力にとりつかれ、信仰の対象になるに至った。
バステトが主に信仰されたブバスティスでは、共同墓地から猫のミイラも見つかっており、家の猫が死ぬと家人は眉毛を剃って死を悼んだという。
posted by わーむうっど at 00:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。