2004年08月26日

デュラハン

女性が多いって、知ってました?

【デュラハン(ドュラハン)】
◆出自◆
アイルランド、スコットランド、ノルウェー等
◆性格◆
死の予兆。死者を霊界へ運ぶ。
◆容姿◆
コシュタ・バワーと呼ばれる、首無し馬に引かれた二輪戦車(或いは馬車)に乗る。首が無いか、首を小脇に抱えた姿。多くは女性。
◆解説◆
死の先触れとして町中を首無し馬に乗って駆け回り、死人の出る家の前で停まる。
アーサー王伝説の「ガウェイン卿と緑の騎士」や「腕萎のカラドク」に出てくる首無し騎士はこのデュラハンと混同されることが多いが、厳密に言うとデュラハンではない。その正体が呪われた者や、魔術師だからである。
しかしこの二つの物語の首無し騎士の影響か、デュラハンと言えば男性の騎士とされていることが多いように思う。
実際は、スコットランドの伝承では主にデュラハンは女性だとされている。恐らくケルトの戦いの女神モリガンや、北欧のワルキューレ(バルキリー)などにその原形を求めることが出来るだろう。
デュラハンは「流水を渡れない」とも言われており、万一町中で追い掛けられた時は川に掛かった橋に逃げるとよいらしい。
◆補足◆
同じく死を予告する妖精にバンシーがいるが、バンシーが特定の家(名家)に憑き、その家族の死を予言するのに対し、デュラハンは貴賤を問わず、誰の元にも訪れる。
posted by わーむうっど at 20:41| Comment(0) | 妖精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。