2004年08月17日

ガーゴイル

西洋版鬼瓦と言える。

【ガーゴイル】
◆出自◆
ヨーロッパ、キリスト教会建築物
◆性格◆
魔除けのお守り、不信心者への無言の脅迫
◆容姿◆
人間と鳥の合いの子に翼と尖った嘴があるものを初め、様々。
◆解説◆
セーヌ川の土手の洞窟に「ガルグイユ(Gargouille=のど口)」という名の、長い首をした巨大な海亀が棲んでいた。
ガルグイユは西暦520年、ノルマンディーの州都ルーアン近郊に現れ、口から吐き出した大量の水で洪水を起こし、付近の村々を水浸しにした。ルーアンの大司教ロマンがこれを退治。洪水に怒った市民の手によって怪物は燃やされ、その灰はセーヌに流されたという。
ガーゴイルの石像も元来は雨樋の出口に置かれ、ガルグイユの様に雨水をその口から吐き出していた。後に魔除けや、不信心者を懲らしめる存在という意味が付加されたからなのか、控え壁などにも設置されるようになってゆく。
ゲーム等では良く、近付くと突然動き出して襲いかかってくる見張りモンスターとして活躍している。
【関連する記事】
posted by わーむうっど at 21:58| Comment(0) | 人工生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。