2004年07月27日

マンドラゴラ

有名魔法植物。ハリポタにもマンドレイクの名で登場したので、御存知の方も多いのでは。

【マンドラゴラ(別名:マンドレイク、アルラウネ、曼陀羅華)】
◆出自◆
ヨーロッパ民間伝承
◆性質◆
基本的には薬草。呪いの形代や金銀増殖の呪術に使用されることも。万能の触媒として魔術師に珍重される。
◆形状◆
オカルト関連書物では、根が人の形をした植物として描かれる。性別の違いがある。
また、同名の実在植物もある。イタリア〜ギリシャ、小アジアに分布するナス科の多年草で、葉は卵型、花はナスのそれに似る。果実は赤色でトマトに似ており、根は中央で裂けている。強い毒性があるが、適量を守れば麻酔・鎮静剤になる。
◆解説◆
マンドラゴラの候補とされる薬草は幾つか存在し、実際に薬や毒として利用されてきた。だが、魔術書などで見られるそれは、魔術的要素が付与されて一人歩きをしている。
マンドラゴラはペルシャ語で「愛の野草」を意味し、その名の通り媚薬としてヨーロッパに紹介された。
『旧約聖書』創世記(第30章14〜16節)ではレアが、このマンドラゴラの果実を夫ヤコブに食べさせて思いを遂げている。
ドイツでは「アルラウネ」とも呼ばれる。「秘密に通じている」の意で、人間のように歩き回ることができ、持ち主に未来を教え、あらゆる質問に答えることが可能とされた。
きちんと世話をすれば、富を増やしてもくれる。人型をしていることから一種の精霊のように考えられてもいたようだ。
マンドラゴラの育成には特殊な条件が必要で、死刑台の傍に生え、死刑囚の排泄物や無実の死刑囚の涙で育つとされる。
地面から引き抜く際には金切り声をあげる。これを聞いたものは即死してしまう。その為、マンドラゴラの採取には犬の首とマンドラゴラを縄で結び、犬を走らせて引き抜くという方法が考え出された。
◆補足◆
「栄光の手」という魔術がある。死刑囚の手を切り取って乾燥させたもので、その手に蝋燭を持たせるか、指に直接火を灯すと周りにいるものを深い眠りに落とすことができるという魔術だ。実はこの「栄光の手」は、マンドラゴラのフランス語形「マンドラゴール」をイギリス人が「マン・ド・グロワール(Main de Gloire 栄光の手)」と勘違いして誤訳(Hand of Glory 栄光の手)したことが始まりだという。
posted by わーむうっど at 22:18| Comment(0) | 魔導具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。