2004年07月14日

鎌鼬

何となく好きな妖怪だったりする。

【鎌鼬(カマイタチ)】
◆出自◆
北海道〜本州、四国に伝承有り(特に雪国に多い)
◆性格◆
人を切る
◆容姿◆
鋭い鎌状の爪を持つイタチと言われるが、姿は見えない
◆解説◆
つむじ風に乗って現れ、人の体を切ってゆく妖怪。切られた時は痛みを感じず出血も無いが、後から激痛と大出血に襲われ、死に至る場合もある。
傷は概ね、下半身に受けることが多い。
岐阜県飛騨地方では三人組の神とされ、一人目が人を倒し、二人目が切りつけ、三人目が薬を塗ってゆくので出血しないのだという。
愛知県東部では「飯綱(イヅナ)」とも混同されている。飯綱使いの元から逃げた飯綱が鎌鼬になるとされる。
新潟・長野県では暦を踏むと鎌鼬に遭うとされ、古い暦の灰を傷口につけると傷が治るといわれる。
鎌鼬現象は一説に、真空状態の大気に人肌が触れて出来る傷だとも言われるが、証明はされていない。
◆補足◆
鳥山石燕はカマイタチの字に、中国妖怪の「窮奇(キュウキ)」を当てている。こちらは虎の前足に翼がついた姿をしており、善人を喰らい、悪人に褒美を贈るひねくれもの。両者は全く似ていない。
姿が見えないはずなのにイタチに似るとされるのは、『耳袋』に載っている話から。つむじ風に巻かれてくるくる廻っていた二人の子供を助け出すと、兄の背中に足跡が残されていたそうだ。
posted by わーむうっど at 22:32| Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。