2004年07月09日

パック

シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を読んだので、今日はパックについて。

【パック】
◆出自◆
イギリス民間伝承
◆性格◆
陽気、悪戯好き
◆容姿◆
背丈は数インチ。上半身が人間、下半身が山羊で頭に角。
または、人間の姿をした小柄で毛深い生き物。
◆解説◆
「ホブゴブリン」や「ロビン・グッドフェロー」とも呼ばれる悪戯好きの妖精。
農場や民家で、人間の手伝いをする。かと思えば、バターを作るミルクの上澄みをすくったり、ビールの酵母を泡立たなくさせたりの悪戯をする。変身も得意。
また、四十分で地球を一周できる程素早い(つまり時速は約6万キロ!!)。
シェイクスピア『真夏の夜の夢』では、妖精王オベロンの従者として狂言まわしの役を果たす。
◆補足◆
「ホブゴブリン」は、イギリス妖精の中でも人間の手助けをしたり、(それほど)害のない悪戯をする程度の妖精達につけられた総称。人家やその周辺に出没する。
これに対し「ロビン・グッドフェロー」は個体名。妖精王オベロンと人間の女性の間に生まれた半妖精で、最初人間の世界で暮らしていたが、余りにも悪戯なのでオベロンが妖精界へ引き取った。
posted by わーむうっど at 21:48| Comment(0) | 妖精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。