2004年07月04日

賢者の石

最近やたらと有名なこの石を、魔法アイテムのトップバッターとして書く。
錬金術そのものについてはいずれ、別項目として書きたいと思う。

【賢者の石(別名:哲学者の石、ラピス、万能第五要素、投射の粉末】
◆出自◆
ヨーロッパ、錬金術
◆特性◆
卑金属から黄金を生成する、病人を治療する、人の精神性を高める
◆形状◆
赤い石、赤い粉末
◆解説◆
錬金術師の目標であり、手段である赤い石。製法として伝わっているのは以下の通り。
1、静かな研究室を用意し、生成に用いる器具を自作する。また、惑星の配列が吉相であることを確認する。
2、まず「金」「銀」を純化する。純化には二つを溶解させ「塩」を抽出し結晶化させてから、加熱後分解する。金の純化には「アンチモン」、銀の純化には「鉛」が触媒として使用される。最終的に「硫黄」「水銀」を抽出する。(ただし、硫黄と水銀が入手出来るならばそれを使っても良いらしい)
3、「哲学の卵」(「ヘルメスの壷」「哲学の壷」とも)と呼ばれる小さな球形のフラスコに「硫黄」「水銀」「塩」を入れて加熱する。
加熱は四段階に分かれており、第一段階が60〜70度、第二段階で113〜447.7度(硫黄の融点と沸点)の間、第三段階が232度(錫の融点)より少し低いくらい、第四段階が327.5度(鉛の融点)より少し低いくらいにするとよい。
哲学の卵の中身は、黒→白→赤と変化する(白色の段階でやめると銀を生み出す「白い石」になる)。
4、哲学の卵を割り、賢者の石を取り出す。使用する前に融けた金と混ぜ合わせると質が高まる。
◆補足◆
賢者の石というのは物質では無く概念であるという解釈も有る。錬金術師が目指すのは精神的な高みであり、錬金術を学ぶことによって自然の摂理、真理を見い出すのが目的だともされる。
posted by わーむうっど at 21:48| Comment(2) | 魔導具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
賢者の石とか等価交換が(一部で)流行の言葉になってますが、
実は朧気な知識しか無かったので、こちらを読んで「なるほど〜」と思ってます。

ところで、ウサギがいるところに魔法陣が見えるのですが、あれはデフォルトなんですか?
凄く気になるよ〜
魔法陣に気が付いたのが今回だから、あれを元に錬成するのかなあと考えてしまいました(笑)
Posted by 瞳子 at 2004年07月05日 19:52
コメント有難うございます。祝・初コメントです(自分的に…)。
錬金術、とても深いですよ。化学の基礎から精神論まで有りますから。
中世には錬金術師を名乗る詐欺師も沢山いたようで、錬金術師と言えば詐欺師の代名詞だったとか。
また、初期の錬金術は器具などがほとんど調理器具と変わらないものだったようで、「主婦だ!!」な錬金術師も多かったそうです。

こうさぎの背景は、オリジナルです。
「こういうの無いかー?」と言ったら弟が作ってくれました。感謝。
Posted by わーむうっど at 2004年07月05日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。