2004年07月01日

ケット・シー

今日は可愛い猫の妖精、ケット・シーについて。

【ケット・シー】
◆出自◆
イギリスの民間伝承
◆性格◆
知的な猫
◆容姿◆
胸に白い部分のある黒猫。瞳は緑色。
◆解説◆
スコットランド高地地方を中心に、イングランド・アイルランド・北欧等にも出没する、言語を解する妖精猫。
気配を消すことが得意で、音を立てず、姿も見られずに闇から闇へと移動することができる。普段は普通の猫のふりをして人間に混じって暮らしているが、慌てるとうっかり人間の言葉を話したり、後ろ足で二足歩行したりする。
人間に危害を加えることは少ないが、虐待を受けると牡牛程の大きさになって、虐待を加えた人間を自分達の王国へ攫ってゆくという。
◆補足◆
シャルル・ペローの童話『長靴をはいた猫』のモデル。同じくスコットランドには犬妖精の「クー・シー」もいる。
posted by わーむうっど at 23:22| Comment(3) | 妖精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「シュレック2」にも登場しているようです。声がアントニオ・バンデラス!
…ということは、彼の目指すところは「ゾロ」ですな〜?
Posted by わーむうっど at 2004年07月10日 10:33
この間予告で見ましたよ!
確かに出てました、「長靴を履いた猫」
そうか、声アントニオ・バンデラスなんだ…
いや、結構好きなんですけどねバンデラス。

そして、「ゾロ」で映画になった黒マスクじゃなく、
某海賊アニメの剣士を先に連想した自分の沸いた脳みそに万歳…
Posted by 瞳子 at 2004年07月11日 19:00
わはは! そう言えば、「○ンピース」の剣士の名前も「ゾロ」でしたっけ!! 言われるまで気付きませんでした。
映画の「マスク・オブ・ゾロ」は自分ランキングで上位に入っております。西洋的チャンバラものは、好きですなぁ。
Posted by わーむうっど at 2004年07月11日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。