2004年06月29日

コキュートス

毎日暑いので、少しでも涼しいことを考えてみる。

【コキュートス】
◆出典◆
ダンテ『神曲』
◆性格◆
地獄の最下層、氷地獄
◆解説◆
堕天使ルシファーが囚われている地獄の最下層。ルシファーを中心に外側から「カイーナ」「アンティノラ」「トロメア」「ジュデッカ」の4圏から成る。
「静かだった。どこまでも静かだった。音さえ凍りついていた。透き通る闇の中を、針のような風だけが、光を殺して突き抜けた。全てが凍りついていた」(ダンテ『神曲』 谷口江里也/訳)
中心にいるルシファーが三対六枚の翼を羽ばたかせることによって、凍てつく風がコキュートスを巡り、全ての罪人を凍り付かせている。
◆補足◆
ギリシャ神話の冥府に同名の「コキュートス川(嘆きの川)」という川が有る。これはステュクス川(憎しみの川)の支流のひとつで、アケロン川へ流れ込んでいる。ダンテの神曲ではステュクス川はステュクスという沼地になっているので、コキュートスもギリシャ神話の名称を元に再構成されたものと思われる。
【関連する記事】
posted by わーむうっど at 22:15| Comment(0) | 異界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。