2006年12月05日

ヤルダバオト

【ヤルダバオト】
◆出典◆
グノーシス主義、「ヨハネのアポクリュフォン(秘書)」
◆性格◆
悪しき造物主。嫉妬する神。盲目の神。無知でひねくれ者。
◆容姿◆
蛇と獅子の姿をした不完全な存在。
◆解説◆
数あるグノーシス主義の神話のうち、ナグ・ハマディで発見された「ヨハネのアポクリュフォン」で語られる造物主。名前の意味は「ここまでやってきた子供」。デミウルゴス(意味は古代ギリシャ語で「民のために働くもの」)やサマエル(意味は「盲目の神」)と同一視される。

「至高のアイオーン(グノーシス主義における至高神)」の娘であるアイオーンのソフィア(意味はギリシャ語で「知恵」)を母とする。
ソフィアは生まれた子が自分に全く似ていなかったことからこれを恥じ、他のアイオーンたちに見つからぬよう雲の中に隠した。そこでヤルダバオトは自分に従う天使たちと地球を創造し、「我は誰をも必要とせず。我こそは神なり。我の他に神なし」と宣言する。この言葉に対し、母ソフィアはヤルダバオトを「サマエル(盲目の神)」と呼び返す。
また、至高神に似せて作られ、至高神自ら命を吹き込ませたアダムがヤルダバオトより優れた存在になったことに嫉妬し、アダムが光の魂である善悪の知識の木の実を得て完璧な存在にならぬようにこれを口にすることを強く禁じる。
◆補足◆
キリスト教が知識を悪と考えているのに対し、グノーシス主義は無知こそ悪と考えている。
このため、エデンの園にある善悪の知識の木に対する解釈が全く逆になり、グノーシス主義では知識の獲得を禁じる神=悪しき神とされる。
他にも物質が悪で精神が善とかいろいろあるのだが、グノーシス主義は多彩かつ奥深すぎるのでここでは軽く触れておくに止める。
posted by わーむうっど at 01:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。