2006年12月02日

マヨイガ

【迷い家】
◆出典◆
柳田国男『遠野物語』63・64
◆性格◆
山中異界
◆景観◆
山奥に存在。立派な黒い門を入ると紅白の花が咲き乱れる大きな庭が有り、裏手には牛小屋・馬小屋に牛馬が多く居る。屋敷の玄関を上がれば次の間に朱と黒の膳椀が並び、奥座敷には火鉢が置かれ、その上で鉄瓶の湯がたぎっている。だが、人の姿だけはどこにも見あたらない。
◆解説◆
柳田国男が岩手県遠野地方で採取した怪異。自分の意志で行くことが出来ない為、迷い家と呼ばれる。幸運にもこの家に迷い込んだなら、家の中の物を何か持ち帰れば以後は富と幸運に恵まれるという。
通常の物語のパターン的には、ここで家の物を持ち帰るという「罪」を犯すと後で報復を受けそうなものなのだが、迷い家ではその法則は成り立たないようだ。それというのは、そもそも迷い家に迷い込むのは、家がその者に富を授けようと招くから、らしい。与えられる幸運は素直に受け取れということか。
尚、『遠野物語』には迷い家に迷い込んだ者の話が二つ載っており(63番と64番)、どちらの者も家から何も取らずに戻ってくるのだが、63番の女性の元には後日、追いかけるように椀が川を流れてきて、家が栄えたことになっている。
…よほど迷い家に気に入られたようだ。
posted by わーむうっど at 21:42| Comment(0) | 異界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。