2004年12月08日

アルカエスト

【アルカエスト(アルカヘスト)】
◆出自◆
錬金術、パラケルススが提唱
◆性質◆
万能の溶媒。あらゆる物質を溶かして「第一質料(プリマ・マテリア)」へと還元する。
◆形状◆
液体
◆解説◆
「Alcahest」或いは「Alkahest」と綴る。16世紀の医者にして錬金術師、パラケルスス(本名:テオフストゥス・ボムバスト・フォン・ホーエンハイム)が提唱した万能融化液のこと。
これに先立つアリストテレスの四大元素論によると、「火・気・水・土」の四大元素は「第一質料」が(湿・乾)(熱・冷)の4つの性質のうち、前者と後者から一つづつ計二つの性質を獲得して現れるとされた。
四大元素は物質を構成する基本元素とされていたので、つまり、全ての物質はこの「第一質料」から派生したもの、ということになる。
アルカエストはあらゆるものを融かし、それを第一質料に還元する。ゆえに、この溶媒が有れば、黄金変成は言うまでも無く、理論的にはあらゆる物質から別の物質をつくり出すことができることになる。
◆補足◆
この話にはオチがある。
アルカエストはあらゆる物質を融かしてしまうが故に、これを入れておく容器が無い。
容器を融かし、その下の机や床を融かし、果ては地面までをも融かしてしまうのである。
posted by わーむうっど at 22:45| Comment(6) | 魔導具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。