2004年09月09日

ライジュウ

雷の季節になりました…(パソコンに落ちなきゃいいが…)

【雷獣】
◆出自◆
日本、民間伝承
◆容姿◆
体長60cm程で子犬(或いは狸)に似る。鋭い爪を持つ。足の数は四本とも六本(前足二本、後ろ足四本)とも。滝沢馬琴の『玄同放言』には頭が長く、色は灰色で、尻尾は狐との記述が有る。
◆解説◆
三国峠・河内山・飯豊山などに棲み、雲が低く山に掛かると雲に乗りその中を駆け回る。やがて雷と共に天から駆け降りて来て、木々にその爪痕を残すという。
◆補足◆
落雷が有ると、地面の上を火の塊が転がることが有り、これは天火と呼ばれている。
この現象は世界各地で目撃例が有り、科学的にも分析されている。それによると、落雷によって地表の温度が3000度まで上昇した場合、土中の二酸化ケイ素が炭素と反応し、ケイ素が分離、気体となって空中を浮遊することが有るという。このケイ素はすぐに大気で冷やされ固体に戻ろうとするが、戻ることが出来ず球状の「フィラメント」を形成する。このケイ素のフィラメントが酸素と反応して自然発火するという。
雷獣はこの自然現象を目撃した人々が、説明付けで生み出した妖怪なのだろう。
posted by わーむうっど at 23:50| Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。