2004年09月03日

テッセンコウシュ

燃える山でもう一つ思い出した。

【鉄扇公主】
◆出典◆
中国、『西遊記』
◆性格◆
気性が激しく、猛々しい婦人。が、子に会えぬ悲しみを心に宿した憎めない女性でも有る。
◆解説◆
孫悟空の義兄・牛魔王の妻で、紅孩児の母。羅刹女(インドでは鬼女ラクシャシー)の一人とされる。
翠雲山芭蕉洞の女主人で、芭蕉扇という団扇を持っている。

ある時、西に向かっていた三蔵法師一行の前に、火焔山という難所が立ちはだかった。火焔山は800里四方にわたって炎が燃え盛る場所で、この炎を消すためには芭蕉扇の力が必要だった。
そこで孫悟空は鉄扇公主の元へ芭蕉扇を借りに行くのだが、彼女は息子である紅孩児の仇とばかりに悟空に襲い掛かる。
最終的に彼女は三蔵法師一行に降伏し、その後は仏道に帰依したことになっている。
◆補足◆
火焔山は新彊ウイグル自治区トルファンに実在する。盆地の北端に、長さ約100kmにわたり屏風のように連なる山脈である。炎のような陽炎が立つという。
posted by わーむうっど at 23:51| Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。