2006年12月05日

ヤルダバオト

【ヤルダバオト】
◆出典◆
グノーシス主義、「ヨハネのアポクリュフォン(秘書)」
◆性格◆
悪しき造物主。嫉妬する神。盲目の神。無知でひねくれ者。
◆容姿◆
蛇と獅子の姿をした不完全な存在。
◆解説◆
数あるグノーシス主義の神話のうち、ナグ・ハマディで発見された「ヨハネのアポクリュフォン」で語られる造物主。名前の意味は「ここまでやってきた子供」。デミウルゴス(意味は古代ギリシャ語で「民のために働くもの」)やサマエル(意味は「盲目の神」)と同一視される。

「至高のアイオーン(グノーシス主義における至高神)」の娘であるアイオーンのソフィア(意味はギリシャ語で「知恵」)を母とする。
ソフィアは生まれた子が自分に全く似ていなかったことからこれを恥じ、他のアイオーンたちに見つからぬよう雲の中に隠した。そこでヤルダバオトは自分に従う天使たちと地球を創造し、「我は誰をも必要とせず。我こそは神なり。我の他に神なし」と宣言する。この言葉に対し、母ソフィアはヤルダバオトを「サマエル(盲目の神)」と呼び返す。
また、至高神に似せて作られ、至高神自ら命を吹き込ませたアダムがヤルダバオトより優れた存在になったことに嫉妬し、アダムが光の魂である善悪の知識の木の実を得て完璧な存在にならぬようにこれを口にすることを強く禁じる。
◆補足◆
キリスト教が知識を悪と考えているのに対し、グノーシス主義は無知こそ悪と考えている。
このため、エデンの園にある善悪の知識の木に対する解釈が全く逆になり、グノーシス主義では知識の獲得を禁じる神=悪しき神とされる。
他にも物質が悪で精神が善とかいろいろあるのだが、グノーシス主義は多彩かつ奥深すぎるのでここでは軽く触れておくに止める。
【関連する記事】
posted by わーむうっど at 01:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

マヨイガ

【迷い家】
◆出典◆
柳田国男『遠野物語』63・64
◆性格◆
山中異界
◆景観◆
山奥に存在。立派な黒い門を入ると紅白の花が咲き乱れる大きな庭が有り、裏手には牛小屋・馬小屋に牛馬が多く居る。屋敷の玄関を上がれば次の間に朱と黒の膳椀が並び、奥座敷には火鉢が置かれ、その上で鉄瓶の湯がたぎっている。だが、人の姿だけはどこにも見あたらない。
◆解説◆
柳田国男が岩手県遠野地方で採取した怪異。自分の意志で行くことが出来ない為、迷い家と呼ばれる。幸運にもこの家に迷い込んだなら、家の中の物を何か持ち帰れば以後は富と幸運に恵まれるという。
通常の物語のパターン的には、ここで家の物を持ち帰るという「罪」を犯すと後で報復を受けそうなものなのだが、迷い家ではその法則は成り立たないようだ。それというのは、そもそも迷い家に迷い込むのは、家がその者に富を授けようと招くから、らしい。与えられる幸運は素直に受け取れということか。
尚、『遠野物語』には迷い家に迷い込んだ者の話が二つ載っており(63番と64番)、どちらの者も家から何も取らずに戻ってくるのだが、63番の女性の元には後日、追いかけるように椀が川を流れてきて、家が栄えたことになっている。
…よほど迷い家に気に入られたようだ。
posted by わーむうっど at 21:42| Comment(0) | 異界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

アルカエスト

【アルカエスト(アルカヘスト)】
◆出自◆
錬金術、パラケルススが提唱
◆性質◆
万能の溶媒。あらゆる物質を溶かして「第一質料(プリマ・マテリア)」へと還元する。
◆形状◆
液体
◆解説◆
「Alcahest」或いは「Alkahest」と綴る。16世紀の医者にして錬金術師、パラケルスス(本名:テオフストゥス・ボムバスト・フォン・ホーエンハイム)が提唱した万能融化液のこと。
これに先立つアリストテレスの四大元素論によると、「火・気・水・土」の四大元素は「第一質料」が(湿・乾)(熱・冷)の4つの性質のうち、前者と後者から一つづつ計二つの性質を獲得して現れるとされた。
四大元素は物質を構成する基本元素とされていたので、つまり、全ての物質はこの「第一質料」から派生したもの、ということになる。
アルカエストはあらゆるものを融かし、それを第一質料に還元する。ゆえに、この溶媒が有れば、黄金変成は言うまでも無く、理論的にはあらゆる物質から別の物質をつくり出すことができることになる。
◆補足◆
この話にはオチがある。
アルカエストはあらゆる物質を融かしてしまうが故に、これを入れておく容器が無い。
容器を融かし、その下の机や床を融かし、果ては地面までをも融かしてしまうのである。
posted by わーむうっど at 22:45| Comment(6) | 魔導具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

レビヤタン

蛇だったり鯨だったり鰐だったり食料だったり…。

【レビヤタン(リヴァイアサン、レヴィアタン)】
◆出典◆
旧約聖書、『ヨブ記』3:8、41:1、『詩編』74:14、104:26、『イザヤ書』27:1など。
◆性格◆
大海獣、創造神に対する反抗者
◆容姿◆
硬い鱗に被われた巨大な蛇(龍)。鯨と鰐の中間のようなものとも。とてつもなく巨大。
◆解説◆
語源は不明だが「裂く」「曲げる」の意があるとされ、「とぐろを巻いた蛇」と呼ばれる。大地をぐるりと取り囲むことができる程大きい。
神は創造の5日目に、海の王としてレビヤタンの夫婦をつくり出したが、海が溢れることを懸念して片方を殺す。
また、メシアは世の終わりにレビヤタンを捕らえ、ベヒモスともども信仰篤い人々の貯蔵用食料として分かち与えるという。
◆補足◆
コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では地獄の海軍大提督とされる。
posted by わーむうっど at 22:25| Comment(0) | 幻獣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

シン

今日は仲秋の名月…のはずが、曇天で消沈。ともかくも、当廃園は満月スペシャルです。今回はシュメールの月神シンを紹介。

【シン(別名:ナンナ)】
◆出自◆
シュメール神話。ウルとハランを中心に崇拝。
◆性格◆
月神。叡智ある神。邪な者達の敵。暦を司る神。
◆容姿◆
青鬚を生やした老人として描かれる。三日月型の船に乗る。
◆解説◆
神々の王エンリルが穀物の女神ニンリルを強姦して生ませた神。冥界で誕生した。
シンは「天の輝ける舟」と呼ばれ、夕方になると三日月型の舟に乗り夜空を渡る。
三日月を武器とし、満月を王冠とする。邪な者達の悪事を、その光によって暴くとされている。
偉大な女神ニンガルとの間に太陽神シャマシュ、金星の神イナンナ(イシュタル)、火神ヌスクをもうける。
posted by わーむうっど at 21:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

スーリヤ

近所に出来たカレー専門店がこんな名前でした。

【スーリヤ】
◆出典◆
『リグ・ヴェーダ』
◆性格◆
太陽神。慈悲深く、病気や災難から人を救う。
◆容姿◆
輝く金髪。三つ目。四本の腕。肌は赤色。手には蓮の華を持つ。七頭立ての黄金の戦車に乗る。シンボルはカギ十字。
◆解説◆
「スーリヤ・ナーラーヤン」とも。『リグ・ヴェーダ』には複数の太陽神が登場するが、スーリヤはそのうち最も明確に形容された神。火神アグニや雷神インドラと三神一座を成すとも言われる。
スーリヤは毎朝、司法神ヴァルナ(時代が下るとやや神格が落ち水神として知られるようになるが、当初は天空と自然法則をも司っていた)が敷く道を東から西へと戦車に乗って旅をする。この戦車の長さは『ヴィシュヌ・プラーナ』によると9000ヨージャナ(1ヨージャナ=7〜8km)、車軸は45000ヨージャナもある。戦車にはスーリヤの他に月代わりでアーディティヤ、アプサラス、蛇族、聖者、ヤクシャ、巨人、ガンダルヴァそれぞれの種族の代表が一人ずつ乗り込むという。
また、スーリヤの光は有名な武器の材料とされている。以下に概略を記す。

スーリヤは工芸神ヴィシュヴァカルマンの娘サンジュニャーと結婚した。が、サンジュニャーは夫の余りにも眩しすぎる光と熱に耐えかね、侍女チャーヤーを身替わりに仕立てスーリヤのもとから逃げてしまう。
そこでヴィシュヴァカルマンは娘夫婦の不仲の原因を取り除くため、スーリヤの光の8分の1を削り取る。この光を原料とし、ヴィシュヌのチャクラム、シヴァの三叉戟、軍神スカンダ(カルティケーヤ)の槍などの武器が作られた。
◆補足◆
ギリシャ神話のアポロンに類似。
posted by わーむうっど at 23:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

ベヌウ

…というわけで、フェニックスの原型登場。

【ベヌウ(ベンヌ)】
◆出自◆
エジプト、ヘリオポリス
◆性格◆
死と再生のシンボル。太陽の創造神。
◆容姿◆
初期の記録では鶺鴒(セキレイ)、その後青鷺(アオサギ)になり、新王国時代末期には青鷺の頭を持つ人間として描かれる。
◆解説◆
名前は「立ち上がるもの」の意。ベヌウの卵から、太陽が生まれたという。太陽神ラーの魂とも言われており、ラーはヘリオポリスのラー神殿にある「ベンベン石」というピラミッド型の石に降り立つ時にはベヌウの姿をとる。
また、後にオシリス信仰が盛んになると、ベヌウはオシリスの魂ともされるようになった。
posted by わーむうっど at 00:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

フェニックス

日本では「不死鳥」と訳されるが、厳密に言えば「転生鳥」ではないかと思う。

【フェニックス】
◆出自・出典◆
ギリシャ、ヘロドトス『歴史』、プリニウス『博物誌』など
◆性格◆
死と再生の象徴。魂の不滅性の象徴。
◆容姿◆
大きさと形は鷲に似る。羽毛はおおむね真紅(体は紫とも)。頸のまわりに金色の冠毛があり、尾は青と薔薇色。頭に羽毛のトサカが有る。
◆解説◆
語源はギリシャ語の「phoinix=ポイニクス」で「華麗な色」「ヤシの木」の両義。
生態については諸説有る。寿命は500年から12594年まで様々だが、広く知られているのは500年の説である。オウィディウスによれば、香木の樹脂やミョウガの汁を食べ、寿命が尽きる時、ヤシの木の最も高い枝にカシアの樹皮・甘松(ナルド)・肉桂の枝・没薬(ミルラ)などで巣を作り、芳香に包まれて死ぬという。
復活についても、現在良く知られているのは死んだ灰の中から新しく生まれ変わるというものだが、初期のヘロドトスの記述では親鳥が死ぬ前に雛鳥が生まれている。紀元1世紀頃になると親鳥の死骸に虫が湧き、その虫が成長してフェニックスになるという説が出てくる。時代が下るにつれ、より転生らしい方向へと変化したようだ。
フェニックスのモデルはエジプト神話のベヌウ(ベンヌとも)だとされている。
◆補足◆
コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では20の軍団を従える地獄の大侯爵として紹介されている。
錬金術においては「完全な変成」を象徴する。
posted by わーむうっど at 01:58| Comment(0) | 幻獣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

ライジュウ

雷の季節になりました…(パソコンに落ちなきゃいいが…)

【雷獣】
◆出自◆
日本、民間伝承
◆容姿◆
体長60cm程で子犬(或いは狸)に似る。鋭い爪を持つ。足の数は四本とも六本(前足二本、後ろ足四本)とも。滝沢馬琴の『玄同放言』には頭が長く、色は灰色で、尻尾は狐との記述が有る。
◆解説◆
三国峠・河内山・飯豊山などに棲み、雲が低く山に掛かると雲に乗りその中を駆け回る。やがて雷と共に天から駆け降りて来て、木々にその爪痕を残すという。
◆補足◆
落雷が有ると、地面の上を火の塊が転がることが有り、これは天火と呼ばれている。
この現象は世界各地で目撃例が有り、科学的にも分析されている。それによると、落雷によって地表の温度が3000度まで上昇した場合、土中の二酸化ケイ素が炭素と反応し、ケイ素が分離、気体となって空中を浮遊することが有るという。このケイ素はすぐに大気で冷やされ固体に戻ろうとするが、戻ることが出来ず球状の「フィラメント」を形成する。このケイ素のフィラメントが酸素と反応して自然発火するという。
雷獣はこの自然現象を目撃した人々が、説明付けで生み出した妖怪なのだろう。
posted by わーむうっど at 23:50| Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

オリハルコン

古代超金属。

【オリハルコン】
◆出典◆
プラトン『クリティアス』
◆性質◆
純粋なものは金(モース硬度2.5)よりも柔らかく、合金にするとプラチナ(モース硬度4)よりも硬い。
アルミよりも軽い。
飛行船を宙に浮かせることが出来る。
◆形状◆
火の様に輝く。金属からオーラが立ち上る。
◆解説◆
名称の語源は「オリハルク=山のブロンズ」。アトランティスで使われていたとされる金属。軽くて強い。
◆補足◆
日本の古神道で語られる金属「ヒヒイロカネ」と特性が酷似している。
posted by わーむうっど at 00:11| Comment(0) | 魔導具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。